http://white-mirror.jugem.jp/

東宝・宝塚・TSなどミュージカルをメインに、
偏りつつも舞台観劇。
全ての道は舞台に通ず?
なんとなくblogって「道」という気がします。
<< 買った買った買った | home | 名古屋で無事です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
久しぶりの読書『海の底』
ここ1年半ほどだいぶ本離れしてるんだけど、
思い出したように時折読みます。
まだまだ積読書あるんだけど無理はしない。

少し前は村上春樹『雑文集』、
あと漫画の『Real Clothes』を大人買いしたりして、
昨日は有川浩『海の底』を一気読みしてしまいました。

モンスターパニック小説というか、横須賀に巨大ザリガニ襲来、
潜水艦に閉じ込められた子供たち+自衛官の日々、と、
ザリガニを駆除するために外部で奔走する警察の大人たち、の
2視点からのお話。

途中から、潜水艦の内部の話はそっちのけで警察の方に夢中でした。
もう泣いた泣いた。
プライドっつーかまさに“矜持”よね。たまらんよね。
そもそものフィールドが間違ってるのに
本当の力が十全に、いやほとんど発揮できない状況なのに、
頑張らなくちゃいけない、できないことを「当然」にはできない、
そんでもって恥をかけ、みたいな。
そうしなくちゃ本当に守りたいものは守れない。

もーほんとに切なくて切なくて。
久々にボロボロ泣きながら読んでました。

ラノベだしノリはシリアスにはなりきらないんだけど、
でもふと思ったことがあって。
こういうパニックものって必ず、わかりやすいほどわかりやすい
イヤな奴とかサイテーな奴って出てくると思うんだけど、
それが最終的に死ぬのと改心するのと
どっちが一般的には受けがいいんだろうかな。
もちろん全体的な話の持っていき方とか世界観とか
雰囲気によるのはわかってるんだけど、
途中から、さてこのバカのラストはどうなる、と思いながら
読んでいたりもして。

そして、映画の『ミスト』を思い出しました。
これまた霧の町に突然変異した昆虫とか押し寄せて
スーパーに閉じ込められた住民の話だったんだけど、
もー完膚なきまでに叩きのめされた映画だった。
これの原作も読みたいなあ。
原作と映画はラストが違うらしいしね。

12:56 文字 comments(0) -
スポンサーサイト
12:56 - - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
twitter
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
COMMENT
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINK